−テラリスト宣言−ホームへ
ニュース&トピックス城源寺へようこそテラリストとは?城源寺に集え!紅さんの講談教室!リンク(準備中です)
読者投稿住職によるコラムなど檀家さん専用(準備中です)
Home
城源寺フォーラム

最新情報


フォーラムの心

 むかし、駄菓子屋は子供たちの社交場でした。鎮守の森は村人たちの情報交換の場でした。そんな集団の中からしきたりや共同作業の手順が生まれました。
 今、人々は集団社会に生きながら、価値観の多様化を口実に話し合うことを忘れました。協力という習慣もなくなり、共生という言葉は死語と化しました。
 挨拶は近隣交際の基本でした。それがいつしか失われ、隣近所に住みながら、なんとなく顔をそむけ会っています。その根底には「他人に覗かれたくない」との思いがあるからでしょう。これでは地域活性化の叫びも木石に語りかけているようなものです。
 毎日のように報じられる凶悪事件、少年犯罪の根もこの辺にあるのではないでしょうか。
 かつて寺子屋は日常生活の基本に始まり、地域の文化情報を発信する基地でした。みんなが気軽に集まり、ワイワイガヤガヤやりながら、失われた良き時代を取り戻したい。「寺子屋の復活」。それが城源寺フォーラムの願いなのです。


フォーラムの歩み

 城源寺では1993年の新本堂落成を機に、地域の情報文化の発信地を目指して『城源寺文化講座』を開設、各界の専門家、知識人らをゲストスピーカーに招いて講演会などを重ねてきました。
 1994年からは名称を『城源寺フォーラム』と改めてジャンルを広げ、毎年、春秋の2回に神田紅さんの講談教室を定例会として催しているほか、多彩な催事を展開しております。檀家の方々はもちろん、一般の方々も無料で自由に参加でき、フォーラム会員として氏名と連絡先を登録すれば、ご案内も差し上げています。
 これまでのフォーラムでは、テレビでもおなじみの政治評論家・岩見隆夫氏、同・松田喬和氏、信州大教授・神田禎之氏、経済評論家・井上隆司氏、元島原市長・鐘ヶ江管一氏らが講演しています。
 また、芸能では神田紅さんのほか、民謡の原田信之さん、落語の春風亭伯枝さん、筑前琵琶演奏家の田原順子さんらが来演しています。
 2009年も開催計画を立案中で、随時、確定したものからホームページ上でも演者と開催日時をお知らせします。



フォーラムの足跡
(準備中です)


ご意見・ご感想・フォーラム体験談などお待ちしております。メール投稿フォーム
読者投稿欄『檀林風発』





 〜昔、寺子屋や鎮守の森の語らいがそうであったように、寺は地域文化・情報の発信基地でありたい。〜
 「城源寺フォーラム」は1993年にそうした願いからスタートしました。講談師・神田紅さんの講談教室も年2回、定期的に開かれています。各界の著名人を招いての文化講演会はすでに50回を重ねています。新装のイベント広場はその活動の場を広げました。  

−ステージもある集いの広場−
 実は大正年間から城源寺は一つの文化の発展に寄与してきました。境内は当時、小田原に住んでいた北原白秋の散歩コースにあたり、彼の詩の中にもしばしば登場しています。
 (広場を整備したら、樹齢百数十年の樟の木の大木(幹周り360cm)がグンとひきたってきた。物言わぬが、寺の歴史の生き証人である。)


Copyright © 2007-2009 JOUGENJI All Rights Reserved.
−テラリスト宣言−小田原 城源寺のホームページです。