−テラリスト宣言−ホームへ
ニュース&トピックス城源寺へようこそテラリストとは?城源寺に集え!紅さんの講談教室!リンク(準備中です)
読者投稿住職によるコラムなど檀家さん専用(準備中です)
Home 【節分会】落語と民謡と福引で大賑わい≪八代目柳橋が来るよ!≫

縁起

境内

墓苑

行事

アクセス





檀信徒ホール
「花岳」





 新編相模風土記によると、鎌倉末期の正中2年(1325年)6月12日、開山道蓮社大誉直原上人卒とある。別の寺伝(出拠不詳)では、室町初期の応永24年(1417年)大森信濃守式部大輔頼顕この地に居城、城郭内に三寺を建立、城源寺と号し、等蓮社大誉上人を帰招して開山したという。



 明治44年、放火により堂宇を焼失、大正12年の大地震にも被災した。その後の再建堂宇は文字通りの方丈であり、本堂建立は檀信徒の久しく抱く悲願であった。
 マスコミ界にあった住職は帰山後、本堂、庫裡、客院の新築に着工、1年9ヵ月の歳月を費やして平成5年春完工。同年6月12日の開山忌に落慶法要を行った。
 古地図では入谷津・本誓寺と境を接した広大な寺領を有したことが伺われるが、昭和初期には7町歩となり、戦後の農地改革で大半を開放した。
 この寺が世に知られたのは、大正末期から昭和初期にかけて、寺領内に設けられた競馬場であろう。花岳(はなのおか)競馬場である。いま土地の人々がこの地を「競馬場」と称するのはこのためである。
 また、活動写真と呼ばれた初期の映画を布教活動にとりいれ、住職(現住職の父39世、俊定和尚)自ら弁士を勤めた。伝道に視聴覚を取り入れたのは当時画期的な試みであった。

和尚が聞く!‐NYOZEGAMON INTERVIEW‐

Copyright © 2007 JOUGENJI All Rights Reserved.
−テラリスト宣言−小田原 城源寺のホームページです。